ファッションみんな違ってみんないい(笑)

わたしの思っていることっていうか、意見?書いてもいいかなっ??ここに書くしか言う場所なくて…。
(淋しい女だと思わないでね。ちゃんと友達は居るから。笑)

ファッションってみんな違って個性があるからいいと思うんだけど
わたしがいいたいのは、細い人に限ってあんま露出したりしやんやんかー。

足めっちゃキレイやのになんかズボンばっかでもったいないとおもってしまうんよね!
わたしがあんたみたいなキレイな足やったら、絶対ミニのスカートとかスリットが入ったやつとか履くのに、ほんともったいないなーった感じするん!

いいもん持っとるのになんで隠しちゃうのみたいな。
男の人ならこの気持ちわかってくれる人も多いはず(笑)

だってみたいやろ?顔に次に何に目が行くかってスタイルやん!だからもっとスタイルいい人は出せばいいのにってのがわたしの意見!今はガボっとしたかぼちゃパンツとかが流行ってるみたいやしもっとすらっとした感じの女性ファッションが流行ったらいいのになってひそかに期待して待っています(^o^)

男性ファッションだってそうでしょ!みんなが同じ人気の激安洋服ばかり着てたらやっぱり女性としてはつまらないから。

もしかして炭水化物が原因なのかも

お米やパンなどの炭水化物が大好きです。
ケーキなどの原料の小麦粉など、炭水化物ってとっても太るんですよね~。
炭水化物を食べないと、食事した気分にならないっていうのは、もしかしたら依存症なのかも、、、という事実を知りました。

炭水化物依存症っていうものがあるそうです。
腹が空いていないのについつい食べてしまう、、、というのが初期症状です。
なんだかちょっと当てはまるので怖くなってきました。

炭水化物には糖質が多く含まれているので、コレが太る原因なのです。
しかしこの糖質の過剰摂取によって、太るだけではなく様々な影響が出てくるのです。
過剰摂取によって疲労物質の乳酸を分泌するのだそうです。
たとえば、だるいと感じたり疲れがたまりやすくなる人はこれが原因の可能性が高いです。

そしてイライラや不安感がコントロールできなくなってくるそうです。
先ほどの過剰摂取で乳酸が分泌され、酸性に近づいたからだを中和しようとカルシウムが多く消費され、イライラしてしまうそうです。
また血中の糖分濃度が高まることで、臓器に負担をかけるため、からだの内側からの老化が早くすすみ、肌のハリや弾力がなくなっていくそうです。
炭水化物が大好きという人は要注意ですね。
何だかとっても悪循環で、怖くなってきました。

いつも食べるということが当たり前になっていると、自分では気づかないうちに大量の炭水化物を摂取しているかも知れません。
自分の消費する量を把握して、あまり摂取しすぎないように注意しましょう。
ちなみに私は今、炭水化物抜きダイエットを進行中です。
といっても、簡単なもので、夕飯はご飯を食べないというものです。

しかし、夕飯が面倒でピザを頼んでしまったり、パスタになってしまったりと白いご飯を食べないだけで、炭水化物をガッツリ食べてしまう日もあります。
でもまあ、臨機応変にしないとストレスがたまりますから、それなりに意識しつつという感じで進めています。

美容への関心。

最近、美容に関してお手上げな女性が増えているそうです。 自分のお肌とメイクに満足していない女性がたくさんいるそうです。自分に合ったスキンケアがわからない、メイクの仕方がわからない、スキンケアやメイクの基礎がよくわかっていない、などなどお肌とメイクにお手上げな女性が多数存在するそうです。

けっこう共感できる意見なので、私もその中のひとりかもって思ってしまいました。

美容意識をもっと高くもって知識を増やさないといけないな、なんて反省しました。

美容意識を高めるには、スッピンになって鏡に向き合えば良いそうです。 まずは、自分のスッピンを受け入れてそこから対処を考えることが良いそうです。

そして、美肌を手に入れたらメイクも自然とテクニックが欲しくなるんだそうです。なるほど、納得の意見ですね。 まずは、自分のスッピンと向き合って自分の肌に足りない所を見つけて、美肌になれるように勉強していきたいと思います。

私の場合は、シミ対策かな?自分にあった美白美容液を探さないとね。

美容意識は高く持っていきたいですからね。

独身の女友達が理想が高く、彼を振ってしまった

私の独身の女友達は、まだ結婚をしておらず、10年ぐらい彼氏がいないのですが、出会いがなく彼氏が欲しいと嘆いています。それで、この前、なんと近所のおばちゃんに紹介をしてもらったスーパーマーケットの男性と付き合うことになったということをいっていて驚いてしまいました。

そのおばちゃんは、田舎のおばちゃんで、色んな独身の子に、男の子をお見合いのように紹介しているそうです。びっくりして、上手くいっているのかと聞くと「上手くいっていない」と答えていて、スーパーに勤務しているのが嫌だ、試しに付き合ってみたけど、好きになれないといっていました。

その独身の女友達は見た目もそれほど美しいという訳でもないですし、一応正社員なのですが、10年ぐらい彼氏もいなくて、理想が非常に高いです。「じゃあ別れたら」というと本当に別れてしまいました。彼氏の気持ちを想像すると、かわいそうでかわいそうで…怒りさえもこみ上げてきます。

彼女の理想は、上場企業に勤める、高学歴の男性だそうです。そんなお前の周りにいるわけないだろう…と思ってしまいました。

だけど、今は婚活アプリとかあるからあながち無理ってこともないのかな?

久々に買い物いった

今日は久々にショッピングセンターといわれる所に買い物に。自分がなにか欲しいっていうワケでなく、子供に頼まれたゲームを買いに出かけたもんだから何となくテンションが低いままお出かけ。

何か見ていこうって思ってたのにも関わらず何だか良いなって思うものが見つけられなかった。やっぱり自分が目をつけてる物とかないと見るのも面倒になってくるもんなんだろうか?それとも疲れているから動きたくないのか?

服とか靴とか見てても流行りも分からず、何だか全て同じ様な物に見えてしまい、これって物が見当たらなかったんですよね。テレビで今年の流行りとか言ってた物って有ったか?田舎だからまだ出回ってないんだろうか?

クリスマスの売り出し時期だから色々な商品が有るはずだし、やっぱり疲れていただけなのかも知れない。こんな時には欲しいって思うものも目に入らないのかもしれないですね。

せっかくのクリスマスセールだから何か買いたかったんだけどね。
まあ、お正月の福袋にお小遣いをとっておいたって事で我慢しとこ。正月はしっかり休んでいっぱいメンズ服買うぞ~!!。。。お金足りるかな。。。それでも激安洋服だったら、なんとかなるはずだ!

全てが時短となってしまった主婦生活

輝かしい新婚時代を過ぎ、今では毎日毎日同じことが繰り返される日々。世間で言うところの一般的な結婚の幸せの瞬間と言えば言葉が良いが、当の本人はなんだか正直やるせない。こんなもんかと思えば、あらぁ私って結構幸せ者じゃない?と思ったり実に忙しく自分の気持ちが変化する。

時が経つと恐ろしいのは、見えていなかった自分の嫌な部分が出てしまうこと。あれだけ綺麗に毎日ピッカピカに磨いていたリビングも楽観主義の旦那には気付かれないだろうという安易な考えで、新婚時代にしていた1掃き掃除、2掃除機、3仕上げの雑巾がけの出番などなくなり、今ではクル〜っと掃き掃除で事を済ませている。特に埃が激しいとか、病気になったなど今までないのでますます楽な道へと前進させてしまった。

料理に関しても、今は良い時代だなぁと、インターネットで調べてきた時短料理のみで夕食を済ませてしまう。15分で!20分で!がお気に入りのワードだ!混ぜるだけなんて神に等しい!

思い起こせば1.2時間は当たり前に時間をかけて夕食を作っていた新婚時代。今は全く思い出せない。

最近では、こんな自分を擁護するように生活をエコに、時短に、有意義に過ごしているとまで思っちゃっている。我ながら重症である。

これから先、自分がどれだけの生活を時短にしてしまうかが、怖いようで、面白く、ちょっと楽しみだ。

ある意味主婦の特権だ。

今日のランチ

今日のランチは、何にしようか。今日は、娘と二人のランチなので簡単に残りもので、作ることに決めました。昨日はハヤシライスでした。家は、5人家族皆よく食べるので多めに作りました。そうしたら、案の定2人分ハヤシライスが残りました。

それを冷蔵庫に入れていました。そうだ、これでドリアを作ろう。今日のランチは、ドリアをすることに決めました。私も娘もドリアは、大好きです。特に二日目のハヤシライスには、こくがあって深みがましていて美味しいんです。娘もドリアを作ると口の周りを茶色にしながらも、パクパク食欲がとまりません。私も一口一口美味しさを噛み締めながら食べ進めます。玉ねぎがトロトロになってニンジンジャガイモのハーモニーがたまりません。お肉とライスをソースと一緒に絡めて食べたらもう最高です。

気がついたら、いつも食べすぎてしまいます。私の大好物です。今日も美味しいね。と、娘と一緒に自画自賛します。この時間がとっても幸せです。私は、二日目のアレンジランチが好きなので、秘かにアレンジできるシチューや、ハヤシライスをよく作ります。シチューも、グラタンになるし、パンを浸して食べても美味しいから、ランチにぴったりなんです。私のランチの楽しみでした。

表紙に書かれた通りのマイナス12kg! 骨盤枕ダイエットの成果

二人の子供を出産後、準備しておいた産後ダイエットにも真剣に取り組むこともなく、何となくダラダラとした生活を送った結果、気づいたら新婚時と比べたら12kgも太ってしまいました。

回りのママ友たちも肉付きの良い人が多かったことから油断していましたが、何となくみんな痩せていく感じに、「何か良いダイエットでもしてるのかしら?」、「太ったままって、私だけ?」と気持ちも焦りがちに。

そこで、「思い立ったら吉日」と当てもなく書店のダイエット本コーナーを覗いたら、あるではないですか。それが、学研ヒットムックから出版されていた「骨盤枕ダイエット」。表紙に描かれたお腹がポッコリと出た女性は、まるで私を見ているようです。

内容も簡単。付録の枕を骨盤に当てるように床に寝そべり、ストレッチ体操のようなものをするだけです。1つの体操も5分ですし、家事の合間にゴロゴロっとするだけという、運動が苦手で、1つのことをなかなか続けられない私には、ピッタリなダイエット法だったのです。

本当に暇さえあれば床にゴロゴロしてたので、家族からは「またゴロゴロ体操?」などと揶揄されましたが、気にせず続けた結果が2年でマイナス12kgという、骨盤枕ダイエット表紙に書かれた通りになったのです。

洋服もシーズン毎にサイズダウンしていって、13号だった洋服も9号やデザインによっては7号も着られるようになりました。今はショッピングも楽しい時間です。

この骨盤枕ダイエットは、数年前に大ヒットしたものではありますが、その効果は間違いないものだと実感しました。これからダイエットにチャレンしてみようかなと思われている方には、おススメしたいダイエット法です。

ダイエットについて色々思う事

女性が結婚して出産していく中で体系が崩れていくことってよくあります。

もどしたいとおもっているけどなかなかもどせないんです。

楽して痩せれば一番いいなと思っているので何かとテレビでダイエット特集などがあればみてしまうのです。

一番痩せていた若いころの時代のすごさを子供にはみせたいが信じてもらえないんです。

結構そういう人多いと思います。

こないだもテレビで梅干しが良いといえば梅干しを温めて食べていたのです。

なんでも食べれるという事と運動をそこまできついものにしなければいいというだけでハードルは結構低くなると思います。

昔のようにブートキャンプみたいに激しい運動をするとなれば難しいと思ってダイエットは3日坊主になりそうですが簡単なものは続くと思うのです。

最近では酵素などもよく取り上げられているし食べ物に注目したいと思っています。

食事を抜くと痩せていくのは当然ですが病気的な痩せ方をするのは後で必ずリバウンドしたり病気になったりします。だからこそ健康的に痩せなければ意味がないと思っています。

女性の間で腹筋女子なるものが流行っているそうですがとうていそんなみせれるようなものはないです。

毎日腹筋をしていくとああなるのだろうかというイメージを頭の中に描きますが結局続いても私は1か月も持たないと自分自身弱い人間なので思ってしまいます。

私もラッシュガードを着なくても水着のまま見せれる状態にいつかなりたいと来年の目標に掲げたいです。

もっとテレビで太った方がダイエットをして痩せたところを見せてほしいものです。

夏になると脇の黒ずみが目立って恥ずかしい

夏になるとノースリーブやタンクトップを着る機会が増えるので脇が人目にさらされるチャンスが一気に増えてしまう季節です。普段は脇のムダ毛処理はしていても、黒ずみに関してまで注意を払ったことがないので、自分の脇が黒ずんでいるなど夢にも思わなかったのですが、先日友人と海へ行った時に、親友から脇の皮膚が黒ずんでいることを指摘されたのです。

まさに青天の霹靂とはこのことで、自分の脇が黒ずんでいると言われて急いで脇を覗き込んで見たのですが間近に見た感じでは黒ずみがはっきり認識できませんでした。そこでホテルの部屋に戻ってバスルームの鏡の前で腕を上げてみたら、確かに黒ずんでいるのがハッキリわかりました。

本来なら脇の真ん中は日焼けもしない場所ですから白い肌が覗くのが当たり前なのに、私の脇は薄黒くて不健康な色になっていました。こんな脇は絶対に嫌だと思い、すぐに脇用の美白クリームを買って塗り始めました。

参照/脇が黒い、汚い、しわがある。脇の悩み解消ナビ。

今の所大きな変化はありませんが、気長に黒ずみを消していきたいと思っています。

毎日の献立

結婚して主婦になり、料理は好きだと思ってましたが、料理をすることよりも毎日の献立を考えるのが一苦労なのだとわかりました。毎日毎日、給食などにかぶらないようにそして毎月の食費におさまるように家族の献立を考えることは想像以上に大変な仕事でした。最初の頃はどうしていいかわからず、メニューが決まっている材料が宅配される会社なども利用していましたが、我が家の家族が好きなメニューと違う日もあったり、微妙に量が足りなかったり何かうまくいかず半年ほどでやめてしまいました。

次に参考にしたのは、ベテラン主婦ブロガーさんの毎日のメニューです。これは、いまでも大変お世話になっており、このメニューは我が家でもうけそうだなと思ったときは、ノートにメモして買い物にいきます。毎日、今日出した晩御飯をノートに記録し自分ならではの献立表をつくっています。こうやって毎日記録することにより同じようなメニューがつづくこともなくなりますし、献立を迷ったときの参考にもなります。季節のお野菜なども取り入れられるとなおよいので、一年間書きためることができれば、去年の今頃作った料理は、、、と季節のメニューね遡ることができます。

人気ある主婦ブロガーさんのメニューでも我が家にはあわない味などもあるので、我が家流にアレンジを加えた献立表はとても便利で使い勝手がよいです。献立を毎日記載しはじめたときは、大変でしたが今となっては毎日の日課の一つになり1日の活力源となっています。

紫外線対策と体型隠しの最強水着アイテムが頼もしい

夏の間にショッピングモールやネット通販で水着を目にする機会があったのですが、最近の水着って体型隠しができる優れたデザインやアイテムが多くてすごくいいな、と思いました。よく見かけるのがタンキニといったもので、ビキニの上にタンクトップ型の水着を着ることができるので肌の露出が抑えられます。これに、ショートパンツ型の水着を履いたら恥ずかしいところが全く見えなくなってしまうんです。

さらに、今はUV対策アイテムにパーカータイプ、さらにはレギンスやトレンカタイプのラッシュガードがあるので、全身全く露出せずに海やプールを楽しむことができるんですから、すごく便利な世の中になったなと思います。私が学生のころなんかは若い女性は大体ビキニやセパレートの水着だったから、紫外線対策を理由にして見せたくないところを全部隠せるというのはとても画期的ですし、水遊びに対する気持ちのハードルもグッと下がりますよね。

最近はこういったタイプの水着のおかげで、家族でプールに行くのも抵抗がなくなりました。おかげで夏の楽しい思い出が沢山増えて、家族の絆も深まったように思います。

紫外線対策といえば昔は夏休み明けの子供たちはよく焼けている印象でしたが、今は反対に焼かないようにする必要があって、間逆になってしまいましたが日差しが強いのでしょうがないですね。